主なFXの外国為替市場について・初心者はどこから始めるのが良い?

FXは外国為替市場で取引されています。
この外国為替市場ですが、実は世界各国で行われており、持ち回り式で24時間利用できるようになっているのです。
世界中にある証券取引所のように市場そのものが物理的に存在するのではなく、市場のみが時差によって常にどこかで動いていると考えてください。

FXの外国為替市場はどこにあるの?

FXの外国為替市場は世界中にあります。
時差の関係によって最も早い時間に取引が開始されるのがオセアニア市場です。
その後、オーストラリア市場、アジア市場、欧州市場、北米市場という形で流れていくことになり、常にどこかの市場が開いている状態になるのです。
この中でも代表的なのが、東京、ロンドン、ニューヨークの3つになります。
世界の3大外国為替市場とも呼ばれているのですが、取引高の面でみるとロンドンとニューヨークが東京に差をつける形となっているので覚えておきましょう。

それぞれの市場の特徴ってあるの?

外国為替市場というのは様々なことが要因となって値動きをしていきます。
時事的な情報は勿論ですが、要人の発言やニュースなどによって、どんどん市場が動いていきますので、FX取引をするのなら新聞などで情報を確認するのは必須です。
その中でも市場によって特徴があるとされていますので、いくつか紹介しましょう。
例えば東京市場を中心としたアジア市場では、取引が一段落したところで市場が開きますので、値動きとしては大きくないのが特徴です。
しかし、経済指標などが発表されると大きく値動きすることもあるので、油断はしないようにしてください。
北米市場の場合ですと、大きく値動きをすることが多いので、相場の動きを読み切ることは難しいでしょう。
アメリカの経済指標と大きく連動しており、この時間の取引をするのなら要チェックだと言えます。

初心者はどこの市場がお勧めなの?

外国為替市場で取引が活発化するのが、ロンドンとニューヨークの市場です。
この2つの市場が開く時間帯というのは、相場が大きく動くことが多く、トレンドをつかみやすいと言われています。
ですので、初心者の人が始めるのなら、まずはこのロンドンとニューヨークの市場が開く時間帯を狙ってみると良いでしょう。
日本における2つの市場の時間としては、ロンドンが午後5時、ニューヨークが午後10時となっています。
仕事をしているサラリーマンの人ですと、ニューヨーク市場には参加しやすいのではないでしょうか。
2つの市場が同時に開いている時間帯としては、22時~24時の2時間になりますので、この時間を狙ってトレードする人も少なくありません。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'st_customize_js' not found or invalid function name in /home/onsp/edhardy.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 525